寝間(読み)ネマ

世界大百科事典 第2版の解説

ねま【寝間】

江戸時代の民家で,家長の夫婦や幼児の就寝に使われた部屋の呼称。〈なんど〉〈おく〉〈へや〉などとも呼ばれ,特殊な呼称に〈ちょうだ〉〈ねどこ〉〈ねじき〉などがある。部屋の形状は,江戸時代前半までは三方を壁で閉ざし,入口の敷居を20cmほど高くし,半分を壁にして板戸を1枚引き込み,外から施錠できるようになっているものもある。当時の〈ねま〉がこのような形状になった理由ははっきりしない。飛驒の白川郷八丈島に〈ちょうだ〉の語が残っているのをみると,平安時代の伝統を受け継いでいるようにみえるが,平安時代の帳台(ちようだい)は周囲に帳を垂れた部屋であり,民家の寝間は《春日権現験記》に描かれた納戸の形式に類似している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

寝間
ねま

ネドコ、ネベヤ、ネショ、ナンド、チョウダイ、チョウダなどの呼称があり、いうまでもなく寝室である。単にヘヤともいうが、開放的な日本の住宅のなかで、珍しく個室としての配慮がなされている部分である。しかしそれは家長夫婦の使用に限られていた。平安時代の寝殿造の納戸構えないしは帳台構えに由来するものといわれている。その古い形式のものは、三方を板または土の壁として窓がなく、出入口の敷居をすこし高くし、板張り床に藁(わら)を敷いていた時代の呼称とも思えるハジカクシの名称も伝承されている。板張り床になる前は土座(どざ)で、地面を掘って、籾殻(もみがら)や藁、かやなどを敷き詰め莚(むしろ)を敷いていた。[竹内芳太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ね‐ま【寝間】

〘名〙
① ねる部屋。寝室。ねや。
浮世草子・好色五人女(1686)四「長老様の寐間(ネマ)にも赤子泣声」
② 寝床。とこ。
※雑俳・名付親(1814)「女房持ち・寝間敷直す箪笥際」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寝間の言及

【寝室】より

…日本在来の名称ではなく,西欧の生活様式が導入されて以後普及した。竪穴住居にベッド状の高い部分を設けた例が少数ながら報告されているが,現在まで発掘された縄文・弥生・古墳の各時代住居址には,寝間(寝室)をはっきり分けてつくったと認められる例はない。アイヌの住居では炉端の席が決まっており,各人の後ろの空間が寝場所になっていたので,おそらくそのような使われ方をしたのであろう。…

【納戸】より

…このような変化に応じて,納戸の収納空間としての意味は薄らぎ,一般的な部屋として就寝中心に使われるようになったとも考えられる。納戸神寝間【鈴木 充】。…

※「寝間」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寝間の関連情報