風雨(読み)ふうう

精選版 日本国語大辞典「風雨」の解説

ふう‐う【風雨】

〘名〙
① 風と雨。風や雨。あめかぜ。
類聚国史‐一一・祈祷上・天長八年(831)八月庚午「奉幣名神、為風雨之灾也」 〔易‐繋辞上〕
② 風を伴って降る雨。ふきぶり。あらし。
※蕉堅藁(1403)四明館駅簡龍河猷仲徽「浩蕩所思向誰説、旅亭風雨夜鐙疎」 〔詩経‐鄭風・風雨〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「風雨」の解説

ふう‐う【風雨】

風と雨。「風雨にさらす」
強い風をともなって降る雨。あらし。「風雨をついて行く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android