風雨(読み)ふうう

精選版 日本国語大辞典「風雨」の解説

ふう‐う【風雨】

〘名〙
① 風と雨。風や雨。あめかぜ。
※類聚国史‐一一・祈祷上・天長八年(831)八月庚午「奉幣名神、為風雨之灾也」 〔易経‐繋辞上〕
② 風を伴って降る雨。ふきぶり。あらし。
※蕉堅藁(1403)四明館駅簡龍河猷仲徽「浩蕩所思向誰説、旅亭風雨夜鐙疎」 〔詩経‐鄭風・風雨〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「風雨」の解説

ふう‐う【風雨】

風と雨。「風雨にさらす」
強い風をともなって降る雨。あらし。「風雨をついて行く」
[類語]雨風雨天荒天悪天雨空梅雨空雨降り雨催い雨模様遣らずの雨降雨一雨お湿り慈雨山雨小雨涙雨微雨細雨煙雨霧雨糠雨小糠雨大雨・どか雨・篠突く雨暴風雨豪雨強雨雷雨にわか雨通り雨村雨驟雨夕立白雨スコール照り降り雨日照り雨天気雨狐の嫁入り春雨はるさめ春雨しゅんう卯の花腐し五月雨さみだれ五月雨さつきあめ地雨長雨淫雨霖雨涼雨秋霖秋雨時雨初時雨村時雨氷雨冷雨雨氷酸性雨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「風雨」の解説

【風雨】ふうう

雨と風。〔漢書、郊祀志上〕始皇の泰山に上るや、中阪に暴風雨にひ、大樹の下に休む。に黜(しりぞ)き、封禪に與(あづか)ることを得ず。

字通「風」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android