コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲率円 キョクリツエン

デジタル大辞泉の解説

きょくりつ‐えん〔‐ヱン〕【曲率円】

曲線上の三点P・Q・Rを通る円Oを考え、Q・Rが曲線上を点Pに限りなく近づくとき、この円Oが限りなく近づく円O′を、この曲線の点Pにおける曲率円という。曲率円の半径は、この曲線のPにおける曲率半径に等しい。接触円。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくりつえん【曲率円】

〘数〙 曲線上の一点でその曲線に接し、その点における半径がその点での曲率半径に等しい円。接触円。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曲率円
きょくりつえん

接触円」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の曲率円の言及

【曲率】より

…これはPにおけるCの接線にPで接し,その接線に関してCと同じ側にあり,ρを半径とする円である(図2)。このようなわけで,接触円をまた曲率円と呼び,その中心を曲率中心center of curvatureという。空間内にある曲線に対しても,曲率が同様に定義される。…

※「曲率円」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報