コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)置き カキオキ

デジタル大辞泉の解説

かき‐おき【書(き)置き】

その場にいない人に、用件を書いて置いておくこと。また、その文。置き手紙。「―をする」
遺書。遺言状

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

書(き)置きの関連キーワードサラバンの生涯と冒険ヒッポリュトス桜鍔恨鮫鞘艶容女舞衣犬目宿兵助前進座文山立遺書用件

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android