コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)置き カキオキ

デジタル大辞泉の解説

かき‐おき【書(き)置き】

その場にいない人に、用件を書いて置いておくこと。また、その文。置き手紙。「―をする」
遺書。遺言状

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

書(き)置きの関連キーワードサラバンの生涯と冒険ヒッポリュトス桜鍔恨鮫鞘艶容女舞衣犬目宿兵助前進座文山立遺書用件

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android