コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺言書 ゆいごんしょTestament

翻訳|Testament

4件 の用語解説(遺言書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遺言書
ゆいごんしょ
Testament

『大遺言書』 Grand Testamentと呼ばれるフランスの詩人フランソアビヨンの代表作。 1461年末から 62年4月までの間の制作と推定される。8音綴8行連句の詩 186編,バラードロンドーなどの詩 22編から成り,全体で 2023行。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ゆいごんしょ【遺言書】

遺言状。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遺言書
ゆいごんしょ
Le Testament

フランスの15世紀最大の詩人フランソア・ビヨンの代表的詩集。『遺言詩集』ともいう。詩人が大放浪を終えてパリに帰り、その入市の批准を待っている間に書かれたと推定される(1462年の2~3月の間)。2023行の大作。当時の現実的遺言書式にのっとり、聖三位(さんみ)一体の称名に始まり、埋葬式、墓地、決別のことばをもって終わっている。しかし現実には彼はこの書式を自己の感情吐露の具として使っているので、現実に生存しビヨンとなんらかの関係をもった人々に対し、その関係の内容に関連して、あるいは復讐(ふくしゅう)の表現となり、あるいは感謝の表現となっている。そういう個人感情の表現のほかに、詩人は、死、老、愛、美、醜そのほか人生の大問題についての、自己の瞑想(めいそう)、または感懐を記述している。[佐藤輝夫]
『鈴木信太郎訳『ヴィヨン遺言詩集』(1961・筑摩書房) ▽佐藤輝夫訳『ヴィヨン大遺言書』(1953・創元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

遺言書の関連キーワード聖書石坂希恵謳歌-ouka-(業務提携)美の遺言旧約聖書新約聖書テスタメントドナデュの遺書N.T.O.T.

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遺言書の関連情報