遺書(読み)いしょ

日本大百科全書(ニッポニカ)「遺書」の解説

遺書
いしょ

死後のために書き残す書面をいい、遺言(いごん)状、「かきおき」ともいう。産の処分、遺族への訓戒、そのほか内容は多種多様でありうるが、それが法律的に効力をもちうるためには、民法に決められている一定の方式によらなければならないし(民法960条)、また内容も民法に決められている事柄に関するものでなければならない。したがって、兄弟仲よくせよとか、遺骨を埋める場所を指定するなどの内容が書かれていても、倫理的な拘束は別として、法律的には拘束力がない。

[高橋康之・野澤正充]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「遺書」の解説

い‐しょ ヰ‥【遺書】

〘名〙
① 死後のために書きのこした文書。かきおき。遺言状
※随筆・文会雑記(1782)三「其夜忽自殺せり。遺書もなし」
② 後世にのこした著書。遺著。また、死後に残した蔵書、書物。
※大学垂加先生講義(1679)「遺書は其人死して其書のこれる也」 〔陶潜‐感士不遇賦〕
③ あちこちに散らばってなくなってしまった書物、文書。〔漢書‐芸文志

ゆい‐しょ【遺書】

〘名〙 (「ゆいじょ」とも) 死後のために書き残した文書。いしょ。
※羅葡日辞書(1595)「Legâtor〈略〉Yuijo(ユイジョ) シテ モノヲ ユヅル ヒト」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「遺書」の解説

い‐しょ〔ヰ‐〕【遺書】

死後のために書き残す文書や手紙。書き置き。遺言状
後の世に残した書物。遺著。
方々に散りうせた書物。
[補説]書名別項。→遺書
[類語]遺言状書き置き遺言書遺言

いしょ【遺書】[書名]

河内仙介小説。昭和16年(1941)刊。翌昭和17年(1942)、成瀬巳喜男監督により「は死なず」の題名で映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「遺書」の解説

【遺書】いしよ

遺言。

字通「遺」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android