コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺書 イショ

4件 の用語解説(遺書の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い‐しょ〔ヰ‐〕【遺書】

死後のために書き残す文書や手紙。書き置き。遺言状
後の世に残した書物。遺著。
方々に散りうせた書物。
[補説]書名別項。→遺書

いしょ【遺書】[書名]

河内仙介の小説。昭和16年(1941)刊。翌年、成瀬巳喜男監督により「母は死なず」の題名で映画化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いしょ【遺書】

故人が死後のことを考えて書いた手紙や文書。
後世に残した著作。遺著。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遺書
いしょ

死後のために書き残す書面をいい、遺言(いごん)状、「かきおき」ともいう。遺産の処分、遺族への訓戒、そのほか内容は多種多様でありうるが、それが法律的に効力をもちうるためには、民法に決められている一定の方式によらなければならないし(民法960条)、また内容も民法に決められている事柄に関するものでなければならない。したがって、兄弟仲よくせよとか、遺骨を埋める場所を指定するなどの内容が書かれていても、倫理的な拘束は別として、法律的には拘束力がない。[高橋康之・野澤正充]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遺書の関連キーワード一札端書手書きあれども文書きなし尚尚書後書返す書書下す書残す追伸文書き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遺書の関連情報