コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最低制限価格 サイテイセイゲンカカク

デジタル大辞泉の解説

さいていせいげん‐かかく【最低制限価格】

地方公共団体が競争入札を行う際に、事前に設定する落札の下限額。粗雑な工事などを防ぐためのもので、この価格を下回る入札は無効となる。→予定価格2

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

最低制限価格

花巻市は工事の品質を確保するため、2010年12月から最低制限価格制度を導入した。最低制限価格より低い価格で入札すると失格になる。上限の予定価格に近い価格で落札すると会社の利幅は大きくなり、下限の最低制限価格に近いほど利幅は小さくなるが、落札できる可能性が高まる。

(2013-02-15 朝日新聞 朝刊 岩手全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

最低制限価格の関連キーワード渋川市発注工事をめぐる贈収賄事件旧蒲江町CATV汚職事件桑名市競売入札妨害事件予定価格と最低制限価格えびの市入札妨害事件入札価格の事前公表地方公共団体入札不調花巻市

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最低制限価格の関連情報