最勝王経曼荼羅(読み)さいしょうおうきょうまんだら

精選版 日本国語大辞典の解説

さいしょうおうきょう‐まんだら ‥ワウキャウ‥【最勝王経曼荼羅】

岩手県西磐井郡平泉町の中尊寺大長寿院蔵の曼荼羅。一〇幀(ちょう)。紺紙金泥(こんしこんでい)板装。金光明最勝王経に基づき、宝塔の周囲に十界図や経の意などを描いたもの。最勝王経十界宝塔曼荼羅。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android