金光明最勝王経(読み)コンコウミョウサイショウオウキョウ

デジタル大辞泉の解説

こんこうみょうさいしょうおうきょう〔コンクワウミヤウサイシヨウワウキヤウ〕【金光明最勝王経】

大乗経典。10巻。「金光明経」を唐の義浄が漢訳したもの。「金光明経」の漢訳のうち最も詳細で名高い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こんこうみょうさいしょうおうきょう【金光明最勝王経】

中国、唐の義浄訳の「金光明経」の名称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こんこうみょうさいしょうおう‐きょう コンクヮウミャウサイショウワウキャウ【金光明最勝王経】

仏教の経典の一つ。この経を聞いて信受するところには四天王など諸天善神の加護が得られると説いた経典。唐の義浄の訳、一〇巻、三一品。曇無讖訳の金光明経の異訳であるが、内容は増広されている。仁王経・法華経と共に国家鎮護の三部経とされている。最勝王経。金光明経。
※続日本紀‐天平一三年(741)三月乙巳「恒生歓喜者、冝天下諸国各敬造七重塔一区、并写金光明最勝王経、妙法蓮華経各一部

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金光明最勝王経の関連情報