コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最大効率産出量 さいだいこうりつさんしゅつりょう maximum efficient rate

1件 の用語解説(最大効率産出量の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最大効率産出量
さいだいこうりつさんしゅつりょう
maximum efficient rate

最終累計生産量を最大にするよう,技術的に可能なかぎり効果的に油層中の原油を採収したときの産出レートで,MERとも略称される。採油井から原油を無計画に採収すると,油層圧の急激な低下などにより最終的に回収可能量をかなり下回る生産量しか得られないおそれがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最大効率産出量の関連キーワード規模の経済完全競争技術的限界費用減産産量クールノーの点穀物総生産量OPEC総会最適化制御

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone