コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最大効率産出量 さいだいこうりつさんしゅつりょうmaximum efficient rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最大効率産出量
さいだいこうりつさんしゅつりょう
maximum efficient rate

最終累計生産量を最大にするよう,技術的に可能なかぎり効果的に油層中の原油を採したときの産出レートで,MERとも略称される。採油井から原油を無計画に採収すると,油層圧の急激な低下などにより最終的に回収可能量をかなり下回る生産量しか得られないおそれがある。そのため,一般に坑底圧,ガス油比などを測定しながら,理論的経験的に最高の効率で生産できるよう最大効率産出量を定め,生産計画作成の一つの基本的指標としている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android