コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最大原理 さいだいげんりmaximum principle

世界大百科事典 第2版の解説

さいだいげんり【最大原理 maximum principle】

自動制御系の設計法の一つに最適制御があるが,最大原理は最適制御の基礎となる定理で,1950年代の終りにソ連の数学者ポントリャーギンらによって確立された。この原理は制御系の設計法に新しい視点を導入し,60年代の現代制御理論の発展の原動力となった。 制御対象のダイナミクス微分方程式 dx/dtf(xut)で表されるとする。x=(x1,……,xn)は状態ベクトル,u=(u1,……,ur)は入力ベクトルである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

最大原理の関連キーワードシステム工学

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android