最小回転半径(読み)サイショウカイテンハンケイ

デジタル大辞泉の解説

さいしょうかいてん‐はんけい〔サイセウクワイテン‐〕【最小回転半径】

自動車で、ハンドルを最大に切って旋回したとき、外側前輪の接地面の中心が描く軌跡半径。車の小回り度合いに関する指標となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最小回転半径の関連情報