コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最後の清教徒 さいごのせいきょうとThe Last Puritan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最後の清教徒
さいごのせいきょうと
The Last Puritan

アメリカの哲学者ジョージ・サンタヤナの唯一の小説。 1935年刊。ニューイングランド旧家の末裔で,きびしく自己抑制的な「最後の清教徒オリバー・オールデンとラテン系の血をひく若い快楽主義者とを対照しながら,清教徒的な誇りのために現代社会に適応できないオリバーの姿を,皮肉と同情をこめて描いている。スペイン系である作者の観察眼がよく生かされ,またおのずと彼の哲学の具体化という趣もうかがえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

最後の清教徒の関連キーワードサンタヤーナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android