コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最短焦点距離 さいたんしょうてんきょり

1件 の用語解説(最短焦点距離の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

最短焦点距離

そのレンズを使用した場合に、ピントが合う被写体までのもっとも短い距離で、レンズ先からのメートル数で表されることが多い。ズームレンズでは、最大広角、最大望遠時の数値がカタログ記載され、マクロモードを持つコンパクトカメラの場合は、マクロ時の数値も記載されている。コンパクトカメラでは、おもにマクロ撮影時に、どれだけ被写体に接近して撮影できるか(=どれだけ拡大して撮影できるか)の指標として参照される。また、マニュアル撮影時は、AF撮影時より短い距離で撮影できる製品もある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最短焦点距離の関連キーワード色消しレンズ写真レンズ合焦AFカメラ視野レンズ対眼レンズ複玉フランジバックマスターレンズプレビューレンズ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone