コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最短焦点距離 さいたんしょうてんきょり

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

最短焦点距離

そのレンズを使用した場合に、ピントが合う被写体までのもっとも短い距離で、レンズ先からのメートル数で表されることが多い。ズームレンズでは、最大広角、最大望遠時の数値カタログ記載され、マクロモードを持つコンパクトカメラの場合は、マクロ時の数値も記載されている。コンパクトカメラでは、おもにマクロ撮影時に、どれだけ被写体に接近して撮影できるか(=どれだけ拡大して撮影できるか)の指標として参照される。また、マニュアル撮影時は、AF撮影時より短い距離で撮影できる製品もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android