コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最終収量一定の法則 law of constant final yield

1件 の用語解説(最終収量一定の法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

最終収量一定の法則【law of constant final yield】

同一の立地条件下では,同齢の植物個体群の面積当たりの生物体量は,生育時間が十分に経過すれば,初期密度の大小にかかわらず一定となる.穂積和夫の提唱になる.これは全植物体についてであって,特定の部分だけについては成立しない.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の最終収量一定の法則の言及

【密植】より

…この逆が疎植である。植物生態学の研究によれば,栽植密度と単位面積当りの収量との間には〈最終収量一定の法則〉があり,ある密度までは,密度の上昇に伴って収量が向上していくが,ある密度以上では収量は頭打ちとなり,それ以上増加しないといわれている。したがって,密植は作物の収量を上げるための一つの方法であるが,(1)作業により多くの労力を必要とする,(2)個体間の光や養分の奪い合いが起こりやすく,各個体が貧弱となる,(3)過繁茂による光不足と多湿条件が病害虫の発生しやすい状態を作り出す,などのマイナス面が生ずる。…

※「最終収量一定の法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

最終収量一定の法則の関連キーワードエルトン個体群個体群生態学雌雄同株立地条件同齢林ハビタット相変異3/2乗則立地変動

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone