月夜烏(読み)ツキヨガラス

大辞林 第三版の解説

つきよがらす【月夜烏】

月の明るい晩に浮かれて鳴き出す烏。また、夜遊びする人のたとえ。 「爰は山かげ、森の下、-はいつもなく/狂言・花子」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つきよ‐がらす【月夜烏】

〘名〙 月のよい夜、うかれて鳴く烏。うかれ烏。転じて、夜遊び人のたとえ。
※新撰六帖(1244頃)六「吹く風に霜置きまよふみ山べに月夜からすの声も寒けし〈藤原家良〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる