コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月夜 ゲツヤ

デジタル大辞泉の解説

げつ‐や【月夜】

つきよ。

つき‐よ【月夜】

月のある夜。月光の明るい夜。また、。月光。つくよ。

つく‐よ【月夜】

つきよ」に同じ。
「うちなびく春を近みかぬばたまの今宵の―霞みたるらむ」〈・四四八九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げつや【月夜】

つきよ。

つきよ【月夜】

〔古くは「つくよ」〕
月の照る夜。月の明るい夜。 [季] 秋。

つくよ【月夜】

つきよ(月夜) 」に同じ。 「 -には門に出で立ち夕占ゆうけ問ひ/万葉集 736
月。 「ぬばたまの今夜の-霞みたるらむ/万葉集 4489

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

月夜の関連キーワード親と月夜はいつもよい月夜に釜を抜かれる準ふ・准ふ・擬ふ眠れるジプシー女三重県伊勢市宮後グラマティック月夜に釜を抜く月夜見・月読み六日年越し直路・直道卯の花月夜秋元辰美ぬばたま月夜の蟹花天月地青水無月扱き敷く古賀春江狸の腹鼓双六打ち

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月夜の関連情報