コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原家良 ふじわらの いえよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原家良 ふじわらの-いえよし

1192-1264 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
建久3年生まれ。藤原忠良の次男。母は藤原定能(さだよし)の娘。正二位,内大臣にいたる。藤原定家に師事。「万代(まんだい)和歌集」を藤原光俊と共撰し,「続古今和歌集」の撰者にもくわえられた。「新勅撰和歌集」以下の勅撰集に118首がはいる。文永元年9月10日死去。73歳。号は衣笠(きぬがさ)。家集に「衣笠内大臣集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

藤原家良の関連キーワード文永北条長時日蓮宗万代和歌集源雅賢源実朝日本史鎌倉幕府クレメンス弘長