藤原家良(読み)ふじわらの いえよし

  • 藤原家良 ふじわらの-いえよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1192-1264 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
建久3年生まれ。藤原忠良次男。母は藤原定能(さだよし)の娘。正二位,内大臣にいたる。藤原定家に師事。「万代(まんだい)和歌集」を藤原光俊と共撰し,「続古今和歌集」の撰者にもくわえられた。「新勅撰和歌集」以下の勅撰集に118首がはいる。文永元年9月10日死去。73歳。号は衣笠(きぬがさ)。家集に「衣笠内大臣集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android