月日に関守なし(読み)つきひにせきもりなし

精選版 日本国語大辞典「月日に関守なし」の解説

つきひ【月日】 に 関守(せきもり)=なし[=据(す)えず]

月日のたつのを止めることはできない。月日は少しも滞ることなく経過する。
曾我物語(南北朝頃)七「わが胎内の子は〈日数をまつ所に、月日にせきもりなければ、程なくむまれぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典「月日に関守なし」の解説

月日に関守なし

月日の進行を止める関所番はいない。月日が少しも滞ることなく経過してゆくことのたとえ。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android