月日(読み)つきひ

精選版 日本国語大辞典「月日」の解説

つき‐ひ【月日】

〘名〙
と太陽。日月(ひつき・にちげつ)
※万葉(8C後)一三・三二四六「天なるや月日(つきひ)の如く吾が思へる君が日にけに老ゆらく惜しも」
の上の月と日。時日。歳月。光陰
※万葉(8C後)四・五一〇「白栲の袖解きかへて還り来む月日(つきひ)を数(よ)みて行きて来ましを」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)旅立「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」
③ 毎日の生活。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「ことのさまをかたりて、月日のさまなどくはしくいふ」

つく‐ひ【月日】

〘名〙 「つきひ(月日)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三七八「都久比(ツクヒ)夜は過ぐは行けども母父(あもしし)が玉の姿は忘れ為(せ)なふも」

がっ‐ぴ グヮッ‥【月日】

〘名〙 暦の上での月と日。つきひ。
※俳諧・三冊子(1702)白双紙「序跋ともに年号月日を書」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「月日」の解説

つき‐ひ【月日】

過ぎていく時間。時日。としつき。「月日が経つ」「あれから五年の月日が流れた」
暦のうえの月と日。がっぴ。
月と太陽。じつげつ。
あめなるや—のごとくが思へる君が日にに老ゆらく惜しも」〈・三二四六〉
[類語]歳月年月としつき年月ねんげつ光陰日月星霜風霜

がっ‐ぴ〔グワツ‐〕【月日】

日付としての、月と日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android