月日(読み)ガッピ

  • がっぴ グヮッ‥
  • がっぴ〔グワツ〕
  • つきひ
  • つくひ

デジタル大辞泉の解説

日付としての、と日。
過ぎていく時間。時日。としつき。「月日が経つ」「あれから五年の月日が流れた」
暦のうえの月と日。がっぴ。
月と太陽。じつげつ。
「天(あめ)なるや―のごとく我(あ)が思へる君が日に異(け)に老ゆらく惜しも」〈・三二四六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

日付の月と日。 生年-
月と太陽。日月。
時間。時日。光陰。 -の経つのは早いものだ
毎日の生活。 希望のない-を送る
[句項目] 月日に関守なし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 暦の上での月と日。つきひ。
※俳諧・三冊子(1702)白双紙「序跋ともに年号月日を書」
〘名〙
① 月と太陽。日月(ひつき・にちげつ)
※万葉(8C後)一三・三二四六「天なるや月日(つきひ)の如く吾が思へる君が日にけに老ゆらく惜しも」
② 暦の上の月と日。時日。歳月。光陰。
※万葉(8C後)四・五一〇「白栲の袖解きかへて還り来む月日(つきひ)を数(よ)みて行きて来ましを」
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)旅立「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」
③ 毎日の生活。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「ことのさまをかたりて、月日のさまなどくはしくいふ」
〘名〙 「つきひ(月日)」の上代東国方言。
※万葉(8C後)二〇・四三七八「都久比(ツクヒ)夜は過ぐは行けども母父(あもしし)が玉の姿は忘れ為(せ)なふも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月日の関連情報