胎内(読み)たいない

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐ない【胎内】

〘名〙
① (子をはらんだときの)母親の腹の中。胎中。
※平家(13C前)一「胎内の者の霊山の父をみしにもこえたり」
※将来之日本(1886)〈徳富蘇峰〉「文明なる者は実に武力の胎内より孕産したるものなることを」
② 仏像の腹の中。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たいない【胎内】[地名]

新潟県北東部、飯豊(いいで)山地から発する胎内川流域を占める市。チューリップの球根栽培が盛ん。平成17年(2005)9月に中条町・黒川村が合併して成立。人口3.1万(2010)。

たい‐ない【胎内】

妊娠した母親の子宮の中。胎中。
像の内部。特に、仏像の内部。「胎内

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android