コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有声の声は百里に過ぎず無声の声は四海に施す ユウセイノコエハヒャクリニスギズムセイノコエハシカイニホドコス

デジタル大辞泉の解説

有声(ゆうせい)の声(こえ)は百里に過ぎず無声の声は四海に施す

《「淮南子(えなんじ)」繆称訓から》高い声でどなっても、わずか百里に聞こえるだけだが、徳をもって治めれば黙っていてもその感化は遠くまで及ぶ。徳治主義によるほうが、世の中はよく治まるというたとえ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例