感化(読み)かんか

精選版 日本国語大辞典「感化」の解説

かん‐か ‥クヮ【感化】

〘名〙 ものの考え方や生き方などを、強制したりすることなく、自然に相手に共感させて影響を与えること。
※仮名草子・智恵鑑(1660)九「孝行の次第を、毎日毎夜直(ぢき)に見ならはせ侍らば、いつとなく、おのづから感化(カンク)する心も出来なん」 〔後漢書‐陳禅〕
[語誌](1)他に対してある作用を及ぼす、という意味では「影響」と近いが、「感化」は「影響」よりも狭く、人間に対して、道徳的・倫理的その他の精神的な作用を与えることで、良い結果を及ぼすという意味合いが強い。
(2)中国清代の英華辞典に influence などの訳語として用いられてから、これが幕末・明治の洋学者の翻訳に受容されはじめ、明治以降さかんに用いられるようになった語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「感化」の解説

かん‐か〔‐クワ〕【感化】

[名](スル)考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること。「兄の感化を受ける」「映画に感化される」
[類語]助言教示訓示アドバイスコンサルティングカウンセリング指導導き教え手引き指南教授教育訓育教導補導ほどう善導誘掖ゆうえき鞭撻べんたつ手ほどき教習コーチ伝授する講義する講ずる仕込むたたき込む育てる導く仕付ける教鞭を執る薫育教化教学文教育英教えるガイダンス手を取る示教指教徳育知育体育矯正薫陶入れ知恵洗脳徳化醇化啓発啓蒙

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「感化」の解説

【感化】かんか(くわ)

よい影響を受けて心がかわる。〔後漢書、陳禅伝〕禪、學に於て禮を行ふ。爲にきて以て之れを感す。單于(ぜんう)懷(なつ)きす。

字通「感」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android