感化(読み)かんか

精選版 日本国語大辞典「感化」の解説

かん‐か ‥クヮ【感化】

〘名〙 ものの考え方や生き方などを、強制したりすることなく、自然に相手に共感させて影響を与えること。
※仮名草子・智恵鑑(1660)九「孝行の次第を、毎日毎夜直(ぢき)に見ならはせ侍らば、いつとなく、おのづから感化(カンク)する心も出来なん」 〔後漢書‐陳禅〕
[語誌](1)他に対してある作用を及ぼす、という意味では「影響」と近いが、「感化」は「影響」よりも狭く、人間に対して、道徳的・倫理的その他の精神的な作用を与えることで、良い結果を及ぼすという意味合いが強い。
(2)中国清代の英華辞典に influence などの訳語として用いられてから、これが幕末・明治の洋学者の翻訳に受容されはじめ、明治以降さかんに用いられるようになった語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「感化」の解説

かん‐か〔‐クワ〕【感化】

[名](スル)考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること。「兄の感化を受ける」「映画に感化される」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android