感化(読み)カンカ

デジタル大辞泉の解説

かん‐か〔‐クワ〕【感化】

[名](スル)考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること。「兄の感化を受ける」「映画に感化される」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんか【感化】

( 名 ) スル
影響を与えて考えや情緒を、変化させること。 「キリスト教の-を受ける」 「友人に-された」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐か ‥クヮ【感化】

〘名〙 ものの考え方や生き方などを、強制したりすることなく、自然に相手に共感させて影響を与えること。
仮名草子・智恵鑑(1660)九「孝行の次第を、毎日毎夜直(ぢき)に見ならはせ侍らば、いつとなく、おのづから感化(カンク)する心も出来なん」 〔後漢書‐陳禅〕
[語誌](1)他に対してある作用を及ぼす、という意味では「影響」と近いが、「感化」は「影響」よりも狭く、人間に対して、道徳的・倫理的その他の精神的な作用を与えることで、良い結果を及ぼすという意味合いが強い。
(2)中国清代の英華辞典に influence などの訳語として用いられてから、これが幕末・明治の洋学者の翻訳に受容されはじめ、明治以降さかんに用いられるようになった語。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

感化の関連情報