コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有機リン製剤 ゆうきリンせいざいorganic phosphorous insecticida

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有機リン製剤
ゆうきリンせいざい
organic phosphorous insecticida

有機リン殺虫剤ともいう。アルキル基またはアリール基とリン原子が結合した有機リン酸エステル系殺虫剤の総称。構造はO← R(OH)2X で表わされ,Xは硫黄,ハロゲン,窒素を含む基である。 1937年頃,ドイツの G.シュラーダーらによってその殺虫性が見出されてから,各国で研究,開発,実用化されるようになった。 44年に開発されたパラチオンは代表的なものであり,アオムシ,シンクイムシハマキムシ,ウンカ,ニカメイチュウ,ヨコバイなどの殺虫に広範に用いられたが,神経毒で,人畜に影響があり,けいれん,筋麻痺,頭痛,めまい,頻脈,おう吐,呼吸困難,意織の混濁などを引起すため,日本では 71年に製造禁止になった。現在では,低毒性のものが次々と開発され,実用化されている。代表的なものにスミチオン,バイジッド,サイアノックス,ホスベル,ダイアジノン,オフナック,マラソン,ジメトエート,スプラサイド,エチルチオメトン,EDDP,EPBP,プロパホス,クロロビリホスなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

有機リン製剤の関連キーワードコリンエステラーゼ住居用駆虫剤PAM解毒剤

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android