コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

けいれん けいれん

妊娠・子育て用語辞典の解説

けいれん

「けいれん」とは、全身または体の一部の筋肉が、本人の意思とは関係なく発作的に収縮すること。「白目をむいて全身がヒクヒク」「ガタガタふるえるように」「全身がこわばって」などがあります。多くは数分でおさまるので、ゆすったりしないで。おさまったら、大至急、病院へ連れて行きましょう。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

けいれん
cramp

全身または局所の筋肉あるいは筋肉群が突然,本人の意志とは無関係に,発作的に収縮する現象。全身性と局所性とがあり,全身けいれんには,筋収縮が比較的長時間続いて四肢が突っ張る強直性けいれんと,四肢が関節を支柱にふるえる間代性けいれんとがある。ひきつけと呼ばれるのは全身けいれんである。幼児は発熱や心理的要因でひきつけを起しやすい。局所けいれんの代表的なものはこむらがえりであるが,血管や胃の幽門などに起ることもある。また,書痙やキーパンチャー病のように,精神面の緊張が要因となることも少くない。全身けいれんが精神的要因で起る例 (ヒステリー性けいれんなど) は激減しており,最近みられる全身けいれんの大半はてんかん発作である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

けいれん
けいれん / 痙攣

自分の意志では弛緩(しかん)させることができない筋肉の急激な収縮をいう。英語では通常のけいれんをスパズムspasmというが、激しいけいれんをコンバルションconvulsionといい、痛みを伴うものや職業性けいれんをクランプcrampと使い分けることが多い。また、持続時間の短い不随意におこる電気ショック様の筋収縮は、ミオクロヌスmyoclonusとよばれる。
 けいれんは、全身におこる全身性けいれんと、体の一部の筋肉に限局しておこる局所性けいれんとに大別されるが、症状からみると、異常な筋肉の収縮が長時間続き、筋肉が突っ張ったり、こわばった状態になる強直性けいれんと、四肢や躯幹(くかん)の拮抗(きっこう)筋(伸展させる筋肉と屈曲させる筋肉)が交互に収縮と弛緩を反復し、四肢をばたつかせたりする間代性けいれんがある。
 思春期以降の成人にみられるもので多いのは、真性てんかん、脳血管障害、頭部外傷、脳腫瘍(しゅよう)、多発性硬化症、職業性けいれん(書痙(しょけい)など)、熱けいれん(ひどく汗をかき、塩分喪失によっておこる)、顔面けいれん、眼瞼(がんけん)けいれん、こむら返り(腓腹(ひふく)筋けいれん)などによるものである。また、尿毒症、不均衡症候群(人工透析後にみられる)、妊娠中毒症(子癇(しかん))、糖尿病、低血糖症、肝性脳症、テタニー、過換気症候群、膠原(こうげん)病など、全身疾患に伴うけいれんも多い。そのほか、破傷風など細菌の毒素によるもの、ストリキニーネなど薬物の中毒やヒステリーなど、けいれんの原因は多彩である。その原因によって治療法もそれぞれ異なるので、まず神経内科で診察を受け、原因を明らかにすることが必要である。[海老原進一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

けいれんの関連キーワードレンノックス・ガストー症候群(レノックス症候群)横隔膜けいれん(しゃっくり)外傷急性期けいれんフェナム酸中毒急性小児片まひ新生児けいれんボトックス注射顔面けいれん症抱水クロラール横隔膜けいれん全身痙攣発作脳性小児麻痺熱性けいれん抗てんかん剤小児けいれん抗けいれん薬ジャーキングルミナール引き攣り魚類中毒

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

けいれんの関連情報