有無相通ずる(読み)ウムアイツウズル

デジタル大辞泉の解説

有無(うむ)相通(あいつう)・ずる

一方にあって他方にないものを互いに融通し合ってうまくいくようにする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うむあいつうずる【有無相通ずる】

〔史記 越世家
ある方からない方へ融通して互いにうまくいくようにする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android