史記抄(読み)しきしょう

精選版 日本国語大辞典「史記抄」の解説

しきしょう シキセウ【史記抄】

室町中期の講義録。一九巻。桃源瑞仙著。文明九年(一四七七成立史記について講じたもので、いわゆる抄物の一つ。講義調の用語で記されており、当時の言語生活を知る資料として貴重。史記桃源抄。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「史記抄」の解説

しきしょう〔シキセウ〕【史記抄】

室町中期の、「史記」の注釈書。19巻。桃源瑞仙著。文明9年(1477)成立。当時の口語で注釈したもの。史記桃源抄。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android