コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有隣 ユウリン

世界大百科事典内の有隣の言及

【医学】より

…留学生の中には,逆に中国で名医として遇せられるものも出ている。室町時代に書かれた医学書としては,南禅寺の僧医有隣が書いた《福田方》2巻,筑前の僧医生西の《五体身分集》3巻がある。いずれも,著者の独自の見解がおもに編されている。…

【医者】より

…(2)実証医学の展開期 南北朝期以降になると,争乱を反映して,僧医や武士たちが実用本位の医療を行うようになった。僧医の壺隠庵有隣は疾病ごとにその原因,症候,診断,類症鑑別,予後を記した《福田方》を著し,生西は民間療法を結集した《五体身分集》を著してその普及をはかっている。治療に必要な技術だけを重視したもので,戦国期の金創医に大きな影響を与えた。…

※「有隣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

有隣の関連キーワード埼玉県北葛飾郡杉戸町千宗守(10代)岡山県倉敷市中央愛知県一宮市丹羽祖父江 省念明治生命保険横田 千之助大森 安仁子新田長次郎竹本大和掾佐久間玄徳祖父江省念大森安仁子松田竹千代奥田頼杖近藤名洲植松自謙徳力竜澗大沼枕山原 龍太

有隣の関連情報