コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有馬持家 ありま もちいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬持家 ありま-もちいえ

?-? 室町時代の武将。
赤松義祐(よしすけ)の子。将軍足利義政の近習となり,今参局(いままいりのつぼね),烏丸資任(からすまる-すけとう)とともに「三魔」とよばれ,その力をおそれられた。嘉吉(かきつ)の乱(1441)後の赤松残党の反乱では,たよってきた従兄(いとこ)の赤松満政(みつまさ)を討った。本姓は赤松。名ははじめ教実。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

有馬持家の関連キーワード赤松持家赤松義祐今参

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android