望月 太意之助(読み)モチヅキ タイノスケ

20世紀日本人名事典の解説

望月 太意之助
モチヅキ タイノスケ

大正・昭和期の長唄鼓方,歌舞伎囃子研究家



生年
明治25(1892)年11月25日

没年
昭和50(1975)年7月12日

出身地
東京

本名
高久 東次

経歴
20歳代より謡曲の鼓、長唄の囃子などに親しみ、独学で歌舞伎座音楽を研究。ビクターレコード「歌舞伎下座音楽集成」の解説を担当したほか、「歌舞伎下座音楽」などの著書がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

望月 太意之助
モチヅキ タイノスケ


職業
長唄鼓方 歌舞伎囃子研究家

本名
高久 東次

生年月日
明治25年 11月25日

出身地
東京

経歴
20歳代より謡曲の鼓、長唄の囃子などに親しみ、独学で歌舞伎座音楽を研究。ビクターレコード「歌舞伎下座音楽集成」の解説を担当したほか、「歌舞伎下座音楽」などの著書がある。

没年月日
昭和50年 7月12日 (1975年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android