独学(読み)ドクガク

デジタル大辞泉の解説

どく‐がく【独学】

[名](スル)学校に通わず先生にもつかず、独力で学ぶこと。「独学して中国語を習得する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どくがく【独学】

( 名 ) スル
師についたり学校に通ったりせずに、一人で勉強すること。 「中国語を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どく‐がく【独学】

〘名〙 学校に通わず、または師にもつかずに、独力で学ぶこと。ひとりまなび。独習。〔文明本節用集(室町中)〕
※随筆・胆大小心録(1808)五「其始は師の教へにつきて、後々は独学でなければと思ふより」 〔礼記‐学記〕

ひとり‐まなび【独学】

〘名〙
① 師につかず、自分ひとりで学問技芸を修めること。どくがく。独習。
② ある学問技芸がひとりで学べるように書かれている指導書。独習書。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉一〇「珠算独り学びなど云ふ本」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

独学の関連情報