独学(読み)どくがく

精選版 日本国語大辞典「独学」の解説

どく‐がく【独学】

〘名〙 学校に通わず、または師にもつかずに、独力で学ぶこと。ひとりまなび。独習。〔文明本節用集(室町中)〕
随筆・胆大小心録(1808)五「其始は師の教へにつきて、後々は学でなければと思ふより」 〔礼記‐学記〕

ひとり‐まなび【独学】

〘名〙
① 師につかず、自分ひとりで学問技芸を修めること。どくがく。独習。
② ある学問技芸がひとりで学べるように書かれている指導書。独習書。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉一〇「珠算独り学びなど云ふ本」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「独学」の解説

【独学】どくがく

師に就かずに学ぶ。〔礼記、学記〕獨學にして友無くんば、則ち陋にして寡聞なり。

字通「独」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android