独学(読み)どくがく

精選版 日本国語大辞典「独学」の解説

どく‐がく【独学】

〘名〙 学校に通わず、または師にもつかずに、独力で学ぶこと。ひとりまなび。独習。〔文明本節用集(室町中)〕
※随筆・胆大小心録(1808)五「其始は師の教へにつきて、後々は独学でなければと思ふより」 〔礼記‐学記〕

ひとり‐まなび【独学】

〘名〙
① 師につかず、自分ひとりで学問技芸を修めること。どくがく。独習。
② ある学問技芸がひとりで学べるように書かれている指導書。独習書。
※海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉一〇「珠算独り学びなど云ふ本」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「独学」の解説

どく‐がく【独学】

[名](スル)学校に通わず先生にもつかず、独力で学ぶこと。「独学して中国語を習得する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android