朝の御食(読み)あさのみけ

精選版 日本国語大辞典の解説

あさ【朝】 の 御食(みけ)

神または天皇の、朝の食事。⇔夕の御食
※出雲風土記(733)島根「朝御餼(あさのみけ)の勘養(かむかひ)、夕御餼(ゆふのみけ)の勘養に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android