島根(読み)しまね

日本大百科全書(ニッポニカ)「島根」の解説

島根
しまね

島根県東部、八束郡(やつかぐん)にあった旧町名(島根町(ちょう))。現在は松江市の北部を占める地域。島根半島北岸に位置する。1956年(昭和31)加賀(かか)、大芦(おあし)、野波(のなみ)の3村が合併して島根村成立。1969年町制施行。2005年(平成17)松江市に合併した。北部は北山山系が日本海に迫り、各地に海食崖(がい)、海食洞を形成し、加賀ノ潜戸(かがのくけど)(国名勝・天然記念物)などの景勝地があり、大山隠岐(だいせんおき)国立公園の一部をなす。野波には後醍醐(ごだいご)天皇が隠岐脱出のとき立ち寄ったという伝説がある。中心の加賀は西廻(にしまわり)船の風待ち港、また松江藩港として繁栄した半農半漁の町。海岸には海水浴場が点在する。

[江村幹雄]

『関西学院大学地理研究会編『島根町』(1974)』『『島根町誌』2巻(1981、1987・島根町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「島根」の解説

島根
しまね

島根県北東部,松江市北部の旧町域。島根半島北岸にあり,日本海に臨む。 1956年大芦村,加賀村,野波村の3村が合体して島根村となり,1969年町制。 2005年松江市,鹿島町,美保関町,八雲村,玉湯町,宍道町,八束町の7市町村と合体して松江市となった。経済の中心は漁業で,瀬崎,野井のブリ定置網とワカメ採取が有名。山地が海に迫り耕地は段畑が多く,ブドウ栽培も行なわれる。海岸には加賀潜戸 (かがのくけど。国の名勝・天然記念物) ,多古の七ツ穴,築島の岩脈 (ともに国指定天然記念物) などの景勝地がある。海岸一帯は大山隠岐国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「島根」の解説

しまね【島根】

[一] 島根北東部の旧郡名。八束水臣津野命(やつかみずおみつののみこと)命名と伝えられるが、由来についての伝承はない。出雲(いずも)国北部、島根半島の東部にあたり、明治二九年(一八九六)八束郡に含められた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android