島根(読み)しまね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島根
しまね

島根県北東部,松江市北部の旧町域。島根半島北岸にあり,日本海に臨む。 1956年大芦村,加賀村,野波村の3村が合体して島根村となり,1969年町制。 2005年松江市,鹿島町,美保関町,八雲村,玉湯町,宍道町,八束町の7市町村と合体して松江市となった。経済の中心は漁業で,瀬崎,野井のブリ定置網とワカメ採取が有名。山地が海に迫り耕地は段畑が多く,ブドウ栽培も行なわれる。海岸には加賀潜戸 (かがのくけど。国の名勝・天然記念物) ,多古の七ツ穴,築島岩脈 (ともに国指定天然記念物) などの景勝地がある。海岸一帯は大山隠岐国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しまね【島根】

〔「ね」は接尾語〕
島。 「大和をも遠く離さかりて、岩が根の荒き-に宿りする君/万葉集 3688

しまね【島根】

中国地方中北部の県。かつての出雲いずも・石見いわみ・隠岐おき三国を占める。北は日本海に面し、大部分は中国山地となる。北東部の島根半島の南に宍道湖と中海がある。隠岐諸島や竹島も含む。県庁所在地、松江市。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島根
しまね

島根県北東部、八束(やつか)郡にあった旧町名(島根町(ちょう))。現在は松江市の北部を占める地域。島根半島北岸に位置する。1956年(昭和31)加賀(かか)、大芦(おあし)、野波(のなみ)の3村が合併して島根村成立。1969年町制施行。2005年(平成17)松江市に合併した。北部は北山山系が日本海に迫り、各地に海食崖(がい)、海食洞を形成し、加賀ノ潜戸(かがのくけど)(国名勝・天然記念物)などの景勝地があり、大山隠岐(だいせんおき)国立公園の一部をなす。野波には後醍醐(ごだいご)天皇が隠岐脱出のとき立ち寄ったという伝説がある。中心の加賀は西廻(にしまわり)船の風待ち港、また松江藩港として繁栄した半農半漁の町。海岸には海水浴場が点在する。[江村幹雄]
『関西学院大学地理研究会編『島根町』(1974) ▽『島根町誌』2巻(1981、1987・島根町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

島根の関連情報