コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉家記 あさくらけき

世界大百科事典 第2版の解説

あさくらけき【朝倉家記】

朝倉始末記》の異本の一。数種の朝倉氏関係文献を収集筆写した《朝倉家録》(富山県立図書館蔵)所収のものは,応仁の乱中朝倉氏を東軍に勧誘した幕府政所伊勢氏の書状,長享・延徳年間(1487‐92)の足利将軍の朝倉退治にかかる古文書を含んでおり,台頭期の朝倉氏の政治的動向および幕府内部の動向が知られる点で貴重である。【水藤 真】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

朝倉家記の関連キーワード一乗谷城

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android