コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長享 チョウキョウ

3件 の用語解説(長享の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょうきょう〔チヤウキヤウ〕【長享】

室町後期、後土御門(ごつちみかど)天皇の時の年号。1487年7月20日~1489年8月21日。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうきょう【長享】

日本の元号(年号)。室町時代戦国時代)の1487年から1489年まで、後土御門(ごつちみかど)天皇の代の元号。前元号は文明(ぶんめい)。次元号は延徳(えんとく)。1487年(文明19)7月20日改元。疫病、戦乱、火災などの凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『文選(もんぜん)』『春秋左氏伝(しゅんじゅうさしでん)』『後漢書(ごかんじょ)』を出典とする命名。長享年間の室町幕府の将軍は足利義尚(よしひさ)(9代)。1487年(長享1)、関東では関東管領の上杉顕定(あきさだ)(山内上杉家)と上杉定正(さだまさ)・上杉朝良(ともよし)(扇谷(おうぎがやつ)上杉家)との間の30年にもおよぶ戦乱(長享の乱)が始まった。この戦乱で両上杉氏の勢力は大きく後退し、伊勢宗瑞(そうずい)(北条早雲(そううん))の関東進出に道を開いた。一方、一向一揆の勢力が台頭するなか、1488年(長享2)に加賀国の一向宗門徒(加賀一向一揆)が同国守護の富樫政親(とがしまさちか)を攻めて自刃させ、1580年(天正8)に織田信長が平定するまでの約90年間、同国は加賀一向一揆が治める国(百姓の持ちたる国)となった。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長享の関連情報