コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木の葉虫 コノハムシ

デジタル大辞泉の解説

このは‐むし【木の葉虫】

ナナフシ目コノハムシ科の昆虫の総称体長6~8センチ、全体に緑色。背腹は扁平で腹部と脚が葉片状に広がる。雌の前翅(まえばね)の翅脈葉脈に似て、木の葉そっくりに見せる。熱帯アジア、南太平洋諸島に分布

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

このはむし【木の葉虫】

ナナフシ目コノハムシ科の昆虫の総称。熱帯アジアからニューギニアにかけて分布する珍虫。体長約8センチメートル。全身緑色。腹部が著しく扁平で頭部と胸部は細い。全身が木の葉にそっくりで、擬態の例として有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

木の葉虫の関連キーワードニューギニア擬態胸部

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android