コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下弥八郎 きのした やはちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下弥八郎 きのした-やはちろう

?-? 江戸時代後期の武士。
但馬(たじま)(兵庫県)豊岡藩家老。水戸でまなび,天保(てんぽう)4年(1833)藩校稽古堂をひらく。文久3年生野の変に際し,尊攘(そんじょう)派追討幕命をうけたが兵をすすめず,平野国臣(くにおみ)らの逃走を援助する。変後,責めが藩主におよぶのをおそれ家老を辞任した。のち文武局総裁。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android