木下藤吉郎(読み)キノシタトウキチロウ

精選版 日本国語大辞典の解説

きのした‐とうきちろう【木下藤吉郎】

豊臣秀吉(とよとみひでよし)の前名。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の木下藤吉郎の言及

【豊臣秀吉】より

…織田信秀に仕えた足軽木下弥右衛門を父として尾張中村に生まれた。はじめ木下藤吉郎を名のる。
[天下統一まで]
 秀吉は遠江の松下之綱(ゆきつな)に仕えたのち織田信長の家臣となり,戦功と才覚によって頭角をあらわした。…

※「木下藤吉郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木下藤吉郎の関連情報