コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曽菜

デジタル大辞泉プラスの解説

木曽菜

長野県木曽郡で生産されるカブ。実や葉を漬物にして食する。当地では「はとり」ともいう。大正期には当時の村名をとり「岩郷菜」と呼ばれていたが、明治7年の旧村合併で岩郷村と福島村が合併してからは「福島菜」となり、現在は木曽菜と呼ばれている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

木曽菜の関連キーワード長野県木曽郡

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android