本多 修郎(読み)ホンダ シュウロウ

20世紀日本人名事典の解説

本多 修郎
ホンダ シュウロウ

昭和期の哲学者 東北大学名誉教授。



生年
明治42(1909)年6月8日

没年
平成2(1990)年12月11日

出生地
福島県猪苗代町

別名
吉田 斂(ヨシダ オサム)

学歴〔年〕
東北帝国大学哲学科卒,東京帝国大学大学院哲学専攻〔昭和12年〕満期退学

学位〔年〕
文学博士

経歴
在学中、唯物論研究会に参加し、吉田斂の筆名で自然弁証法を論じた。満州国陸軍軍官学校教授を経て、戦後東北大学助教授となり、昭和25〜48年教授。その後、東北工業大学教授、東北福祉大学教授を務めた。著書に「ヘーゲルと自然弁証法」「科学思想史概説」「現代物理学者の生と哲学」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android