本庄宗慶(読み)ほんじょう そうけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本庄宗慶 ほんじょう-そうけい

1852-1924 明治-大正時代の茶人。
嘉永(かえい)5年生まれ。本庄宗云(そううん)の子。大坂の人。生駒宗寿(いこま-そうじゅ),井上宗玄(そうげん),さらに橋本宗美にまなび,石州流家元13代をついだ。和歌をこのみ滋岡従長(しげおか-よりなが)に師事した。大正13年12月26日死去。73歳。名は備寛。通称は小三郎。別号に一拈斎,松濤庵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android