コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本田圭佑 ほんだけいすけ

4件 の用語解説(本田圭佑の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

本田圭佑

日本のプロサッカー選手。1986年6月13日生まれ、大阪府摂津市出身。イタリアの名門ACミランに所属するミッドフィールダー。身長182センチメートル、体重74キログラム
幼少期からサッカーを始め、中学時代はガンバ大阪ジュニアユースに所属。石川県の星稜高校時代には全国高校サッカー選手権ベスト4の実績を残し、卒業後は名古屋グランパスエイトに3シーズン在籍、リーグ戦90試合に出場、11得点を挙げた。もともと海外志向が強く、2007年シーズン終了後にオランダ1部リーグVVVフェンロー、10年シーズンからはロシアの強豪CSKAモスクワに移籍。主力選手としてUEFAチャンピオンズリーグ(CL)などでも活躍し、ヨーロッパでの足場を固めていった。
日本代表としては10年のFIFAワールドカップ南アフリカ大会に出場、予選リーグ第3戦のデンマーク戦では得意の左足でブレ球による無回転のフリーキックを決め、世界に「HONDA」の名をアピールした。その後は右ひざ半月板損傷などによる長期のブランクもあったが、復帰後も代表の絶対的エースとして活躍、13年6月のワールドカップアジア最終予選のオーストラリア戦では劇的なピーケーでワールドカップ本戦への出場を決めた。同年の12月には少年時代からの夢だったイタリア・セリエAのACミランへ完全移籍。希望通りに10番をつけたが、14年は出場機会に恵まれずわずか1得点と、移籍1年目は試練と向き合った。
本来は攻撃的ミッドフィールダーだが、左足の強烈なキックやシュートレンジの広さを生かしたロングシュートなどを武器に、積極的にゴールを狙う。屈強な外国人選手にも当たり負けしない体幹の強さに加え、どんな苦境でも弱音をはかず、強気な発言で自らとチームメイトを鼓舞する姿は、これまでの日本人選手とは異質の魅力を放っている。
「優勝を目指す」と豪語して乗り込んだ2014年FIFAワールドカップブラジル大会では、初戦のコードジボワール戦で先制点を決めたが、その後は本領を発揮できず、チームも2敗1分で予選リーグを敗退した。

(城島充  フリーライター / 2014年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本田圭佑 ほんだ-けいすけ

1986- 平成時代のプロサッカー選手。
昭和61年6月13日生まれ。ポジションはMF。中学時代はガンバ大阪ジュニアユースに所属。平成16年名古屋グランパスエイトの特別指定選手となり,ナビスコカップに出場する。17年星稜高を卒業し,名古屋グランパスエイトに正式入団。20年オランダのVVVフェンロに移籍。同年FIFAワールドカップアジア地区3次予選のバーレーン戦で国際Aマッチ初出場。22年ロシアのPFC CSKAモスクワに移籍。同年FIFAワールドカップ(南アフリカ大会)の日本代表にえらばれ,全4試合にフル出場。グループリーグのカメルーン戦,デンマーク戦で得点をあげ決勝トーナメント進出に貢献した。無回転のフリーキックなどキック力に優れる。26年イタリアのACミランに移籍。同年FIFAワールドカップ(ブラジル大会)の日本代表にえらばれる。大阪府出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

タレントデータバンクの解説

本田 圭佑


芸名
本田 圭佑

性別
男性

生年月日
1986/06/13

星座
ふたご座

干支
寅年

血液型
AB

出身地
大阪府

身長
182cm

体重
74kg

職種
スポーツ

プロフィール
2010年FIFAワールドカップ南アフリカ大会で注目され、2011年アジアカップで優勝、そしてMVPを受賞するなど2014年ブラジルワールドカップに向けて着実に進化を続ける、世界でも注目の選手の一人である。

代表作品
CM『ユニクロ』 / CM『日本コカ・コーラ株式会社 「アクエリアス」』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本田圭佑
ほんだけいすけ
(1986― )

プロサッカー選手。ミッドフィルダー(MF)。6月13日、大阪府生まれ。星稜高―名古屋グランパスエイト(名古屋グランパス)―VVVフェンロ(オランダ)―CSKAモスクワ(ロシア)―ACミラン(イタリア)。星稜高時代の2004年(平成16)7月14日、特別指定先の名古屋グランパスの一員としてナビスコ杯ジュビロ磐田戦に出場した。Jリーグ戦初出場は2005年3月5日、ジェフユナイテッド千葉戦。国際Aマッチ初出場は2008年6月22日、バーレーン戦。2005年ワールドユース選手権(現、U20ワールドカップ)オランダ大会、2008年U23日本代表としてオリンピック北京大会に出場した。2010年ワールドカップ南アフリカ大会、2014年ワールドカップ・ブラジル大会の日本代表選手。2009年にはエールステディヴィジ(オランダ2部リーグ)最優秀選手賞を受賞した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

本田圭佑の関連キーワード東アジアサッカー選手権栃木サッカークラブ日本プロサッカーリーグサッカーaiサッカー批評プロサッカークラブをつくろう!川淵三郎村松大輔サッカー世界選手権スペシャルライセンスプレーヤー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

本田圭佑の関連情報