一員(読み)いちいん

精選版 日本国語大辞典「一員」の解説

いち‐いん ‥ヰン【一員】

〘名〙
① 令制において規定された、各省司の定数が一であること。
※三代格‐五・仁寿四年(854)八月一日「応置陸奥国少掾一員事〈〉加掾一人以済庶務者」
近衛府将監(しょうげん)将曹(しょうそう)(ふしょう)兵衛府、衛門府の尉(じょう)・志(さかん)・府生をいう。楽人や舞人が多く任じられた。
※春日権現験記絵詞(1309)二「舞人一員をめしくして春日社に御幸あり」
③ ひとり。特に団体を構成する一人をいう。
※鹿苑日録‐天文五年(1536)七月二三日「巳刻法花衆陣中喧嘩。入道一員剪倒也」
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉九「家庭の一員として暮した事のない私のことだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android