本膳亭坪平(読み)ほんぜんてい つぼひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本膳亭坪平 ほんぜんてい-つぼひら

?-? 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
天明-寛政(1781-1801)のころ江戸日本橋本町にすむ。山東京伝門人で,黄表紙「覗見喩節穴(のぞいてみるたとえのふしあな)」,洒落本「世界の幕なし」などをあらわした。号は坪比良ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android