コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本膳亭坪平 ほんぜんてい つぼひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

本膳亭坪平 ほんぜんてい-つぼひら

?-? 江戸時代中期-後期の戯作(げさく)者。
天明-寛政(1781-1801)のころ江戸日本橋本町にすむ。山東京伝門人で,黄表紙「覗見喩節穴(のぞいてみるたとえのふしあな)」,洒落本「世界の幕なし」などをあらわした。号は坪比良ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

本膳亭坪平の関連キーワード天明戯作