コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

札差事略 ふださしじりゃく

1件 の用語解説(札差事略の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふださしじりゃく【札差事略】

江戸の札差株仲間の編纂した日本最初の大部な同業組合史。1817年(文化14)成立。1724年(享保9)株仲間の起立以来の主要な事件を,関係文書をそのまま引用しつつ部類別・年代順に編集。編者は扇谷定継ら有志の札差。構成は惣首書,御番所,御蔵方,御改正,条目帳,運送方など全35巻38冊からなり,札差会所備付けの底本のほかに6部の写本が作られ,札差の株仲間各組の備品とした。一橋大学に会所備付本,一番組本と零本があるほか,住友修史室等にも一部保存されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の札差事略の言及

【札差】より

…このためつぶれる者も出るほど経営が悪くなったが,文化・文政時代に繁栄を取り戻した。俳人夏目成美や蔵書家松本幸彦らを生み,大冊の同業組合史(《札差事略》)編纂などにみられる文化史上の功績は,この時期の札差の隆盛が生み出したものと考えられる。だが1841年(天保12)天保改革の一環として株仲間解散となり,43年札差債権の無利子・年賦の強制令が出され,新規の利子も10%に下げられると,半数以上が閉店して金融を拒否するなど対抗の挙に出たが,結局幕府に押しきられた。…

※「札差事略」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

札差事略の関連キーワード株仲間株札汐留グラバー邸蔵前風戸の札脇売り伊勢屋四郎左衛門(3代)大口屋治兵衛笠倉屋平十郎

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone