コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大部 タイブ

デジタル大辞泉の解説

たい‐ぶ【大部】

《「だいぶ」とも》
一つの書物などの冊数や巻数の多いこと。また、そのページ数・紙数の多いこと。大冊。「大部の著作」「大部の書類」
大部分。ほとんど全部。「火災により古記録の大部を失う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たいぶ【大部】

書物の巻数やページ数が多いこと。 ⇔ 小部 「 -の書」
ほとんどの部分。大部分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大部の関連キーワードブリハッドアーラニヤカ・ウパニシャッドイフワーン・アッサファーイサク[アンチオキア]根本説一切有部毘奈耶アファナーシエフ後志[支庁]コルネリウス源氏物語絵巻古今著聞集アルネートレスピナス観心本尊抄法華三大部挽歌・輓歌摩訶止観法華文句垂水繁昌研究論文法華玄義三叉神経

大部の関連情報