大部(読み)たいぶ

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐ぶ【大部】

〘名〙 (「だいぶ」とも)
① 書物の一部の冊数が多いこと。また、紙数・ページ数の多いこと。大冊。〔文明本節用集(室町中)〕
※福翁自伝(1899)〈福沢諭吉〉緒方の塾風「是れは中々大部(タイブ)なもので、日本の紙で凡そ三千枚ある」 〔梁高僧伝〕
② 大部分。あらかた。
※筆まかせ(1884‐92)〈正岡子規〉一「競走は道具がなくてもまた誰にでも出来る者故学校の運動と来てはこれが大部をしむる也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たい‐ぶ【大部】

《「だいぶ」とも》
一つの書物などの冊数や巻数の多いこと。また、そのページ数・紙数の多いこと。大冊。「大部の著作」「大部の書類」
大部分。ほとんど全部。「火災により古記録の大部を失う」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android