コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱塗(り) シュヌリ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ぬり【朱塗(り)】

朱色に塗ること。また、塗ったもの。「朱塗りの椀(わん)」「朱塗りの鳥居」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の朱塗(り)の言及

【根来】より

…おそらくは黒地朱漆塗仕上げであるところからその名が生まれたのであろう。
[黒地朱塗の漆器]
 〈根来〉と称されるものの遺品は,椀,皿,鉢,酒器,盤,折敷,高杯などの食器,食膳具をはじめ,茶器,薬器,神饌具,仏具,武器,武具,調度など多種・多岐にわたる。とりわけ食膳具が主流を占めているのは,伝存する遺品のほとんどが社寺の什器として神饌・仏供の具に使用されたり,社寺での接客・饗宴用にしつらえられた品々だからである。…

※「朱塗(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朱塗(り)の関連キーワード治五右衛門(11代)海老鞘巻・蝦鞘巻台中の孔子廟伊佐須美神社おかねかぶら藤ノ木古墳谷田忠兵衛はりまや橋隅赤・角赤増村紀一郎武雄[市]御守殿門厳島神社五浦海岸稲荷鳥居明神鳥居武雄温泉是川遺跡割子蕎麦琉球漆器

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android