コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朱塗(り)(読み)シュヌリ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ぬり【朱塗(り)】

朱色に塗ること。また、塗ったもの。「朱塗りの椀(わん)」「朱塗りの鳥居」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の朱塗(り)の言及

【根来】より

…おそらくは黒地朱漆塗仕上げであるところからその名が生まれたのであろう。
[黒地朱塗の漆器]
 〈根来〉と称されるものの遺品は,椀,皿,鉢,酒器,盤,折敷,高杯などの食器,食膳具をはじめ,茶器,薬器,神饌具,仏具,武器,武具,調度など多種・多岐にわたる。とりわけ食膳具が主流を占めているのは,伝存する遺品のほとんどが社寺の什器として神饌・仏供の具に使用されたり,社寺での接客・饗宴用にしつらえられた品々だからである。…

※「朱塗(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報