コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉海苔 スギノリ

デジタル大辞泉の解説

すぎ‐のり【杉海苔】

スギノリ科の紅藻。干潮線付近の岩上につき、長さ5~12センチ。不規則に多くの枝に分かれ、先はとがる。(のり)や寒天原料にする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すぎのり【杉海苔】

紅藻類スギノリ目の海藻。温海・暖海の潮間帯の岩上に生育。体は紅紫色で高さ5~15センチメートル。不規則に数回羽裂し、枝先は尖る。寒天の増量材。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

杉海苔の関連キーワード潮間帯生育海藻温海暖海

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android