コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李たん りたんLi Tan; Li T`an

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李たん
りたん
Li Tan; Li T`an

[生]?
[没]中統3(1262)
中国,元初の反乱世侯。い州益都 (山東省) の人。字は松寿。山東の世侯李全の子,あるいは養子ともいう。金末動乱期に華北に出現した漢人領主は,モンゴルの華北占領後,所領を安堵され,軍,民,財の三権を委任された。その一人李全もモンゴル帝国に帰付し,大祖 21 (1226) 年宋を攻撃したが敗死した。その跡を継いだ李たんは勢力をさらに固め,世祖フビライ・ハン即位の中1 (60) 年江淮大都督を拝命したが,まもなく元の中央集権化策に反発し,宋の招誘に応じ,アリク・ブガ (阿里不哥) の乱勃発に乗じて,同3年反乱を起し,山東諸州県を陥れた。しかし半年で平定捕殺された。これを契機に漢人世侯は三権を奪われ,元の官僚制に組入れられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

李たんの関連キーワードアラハン(阿剌罕)ゾゲトゥ(唆都)アジュ(阿朮)モンゴル帝国モンゴル史天沢張弘範山東省華北所領松寿

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android