山東(読み)さんとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

山東
さんとう

滋賀県北東部,米原市中南部の旧町域。伊吹山地の南部,鈴鹿山脈の北部に位置する。 1955年東黒田村,柏原村,大原村の3村が合体し町制。 2005年伊吹町,米原町と合体して米原市となった。中心地区の柏原は江戸時代中山道宿場町として発達した。中世京極氏の居住地で,清滝寺京極家墓所があり,北畠具行の墓とともに国の史跡に指定。米作,林業が主で,伊吹もぐさを特産。天野川橋一帯は国の特別天然記念物「長岡ゲンジボタルおよびその発生地」として知られる。長岡は伊吹山への登山基地。

山東
さんとう

兵庫県中部,朝来市東部の旧町域。円山川の支流粟鹿川流域にあり,北東は京都府に接する。 1954年梁瀬町,粟鹿村,与布土村が合体して発足。町名は合併前の3町村が古くから山東三村と呼ばれていたことによる。 2005年生野町,和田山町,朝来町の3町と合体して朝来市となった。中心集落の梁瀬は京街道,丹波街道が交わる交通の要地で,古くから織物業,酒造業が発達。ほかにメリヤス工業などがある。粟鹿はソバの産地。周辺では酪農が行なわれる。南部は朝来群山県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんとう【山東 Shān dōng】

中国本土の北部を東西に分け,山西と対照させて用いる語。その基準となる山は,古くから華山(陝西省),崤山(こうざん)(河南省)と太行山(太行山脈)の三つがある。戦国時代には崤山が秦と六国との境界だったので,その東を秦の方から山東といった。漢代では華山を東西の境界とするのが普通だったらしい。太行山が基準とされたのも古いが,その山の東という意味で今日の山東省が成立したのは明代からである。【日比野 丈夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さん‐とう【山東】

[一] 中国の華山以東の地。
[二] 中国、河南省西部の崤山(こうざん)・函谷関(かんこくかん)以東の地。転じて、戦国時代の斉・楚・燕・韓・魏・趙六国の総称。〔文明本節用集(室町中)〕 〔戦国策‐趙策・武霊王〕
[三] 中国、太行山以東をいう。〔史記‐晉世家〕
[五] 日本の関東のこと。
※蕉堅藁(1403)送列侍者「親書読罷遽還家、戎馬山東路転

さんとう【山東】

江戸後期の戯作者の号の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報